本格紅茶

おしゃれな小さな紅茶屋さん

マンションのベランダを改造

私の住んでいる方は駅からそれほど遠くはないのですが
商店街などからは離れていて、完全なる住宅街です。
面白い店もなく、あるのは司法書士事務所とか税理士事務所ばかり
あとは大きな病院があるくらいです。

自動車教習所もあるので若い人などの人通りはあるのですが
何しろ面白い店はできません。
駅の反対側は開けていて、おいしいケーキ屋さんがあったり
話題のパン屋さんがあったり華やかです。

うちの近所にも美味しいパン屋さんでもできたらな・・・と思っていました。
すると、ある日、近所の通りに面したマンションのベランダを
改造しているところを見ました。
階段を付けて、店構えのようになっています。
もしかしたら、なにかお店ができるかも・・・・

すぐに近所の友達に一斉メールしました。
何ができるのかな・・・とわくわくしながら一か月。
なんとかわいい紅茶屋さんができたのです。
本当に狭い店内で10席ほどなのですが
カウンターとテーブル席があり、中で本格的な紅茶が飲めるというのです。
紅茶の値段は1杯600円ほどと少々お高いのですが
こんな何もない地域によく出店してくれたと、仲間たちとお茶に行きました。

オーナーはボーイッシュな女性で、紅茶が大好きで
個人輸入した本格紅茶を出しているそう。
紅茶っていうのはストレートでもさまざまな種類があって
アッサム、ウバ、ダージリンにキーマンと産地によって
水の色も香りも味も全然違うのだそう。
そんな利き紅茶も楽しめるそうです。
ストレートだけではなく、チャイや、アールグレイなどのフレーバーティー、
ブレンドティーももちろん楽しめます。

個人輸入した本格紅茶

私は本物のチャイを始めて飲んだのですがジンジャーやペッパーの香りが
生きていて本当にあったまるのです。
こんなにスパイシーなのにミルクリッチでどこか優しいという
これが本当のチャイかと感心してしまいました。
すべて大きなポットでサーブしてくれるので、暖かい紅茶を
たっぷり楽しむことができます。

ランチタイムにはイギリス風のカレーも出してくれ、
これがまたおいしいのです。
アフタヌーンティーの時間にはスコーンとサンドイッチの
アフタヌーンティーセットもあります。
オーナーさんは夢のお店を出店するにあたって銀行に自分で掛け合って、
資金を出してもらったそうですが、
銀行は最初は「趣味にはお金を出せません」と冷たかったそうですが
彼女の熱意にほだされて、結局出店できるくらいの資金を
貸してくれたのだそうです。

さびしい街にともった小さいけれどおしゃれな店。
ご近所で応援していこうということになりました。
それ以来、登校班の打ち合わせや、ちょっとした集まりには
よくその店を使っています。
気軽に入れて落ち着くのがいいところ。
やっぱりカフェのある町はいいものです。
通りかかると気になってついのぞいてしまいます。
最近ではご近所の常連客もついていつもお客さんが
入っているような人気店になってきました。