サッカークラブもお金がかかる

サッカークラブ

サッカークラブはお遊びの延長

小学一年生の二男がもう一つサッカークラブに入りたいと言い出しました。
二男はサッカーが大好きです。
幼稚園でサッカーを習い始めました。
幼稚園時代の二男は朝、登園後すぐにサッカー三昧の毎日。
幼稚園では保育後、そのままサッカーの先生が来てくれて
週に一回習い事としてのサッカーができるのです。
幼稚園のグランドを借りてのサッカー教室でちょっとレッスン料は
高かったのですがとても楽しそうなので年中年長と続けさせました。

子供もサッカー仲間ができて大満足です。
そのサッカー教室はとても自由で、
ユニフォームも一応あったのですが購入する必要もなく
年4回くらい大会があったのですがビブスを借りて出場できるのです。
大会は遠足気分で子供たちを思い切り応援して親も楽しいイベント。
朝からお弁当をつくって家族そろって応援に行きます。
毎週の練習にはボール一個持っていけばいいということでお気楽な
習い事だったのです。

でも、そのサッカークラブはお遊びの延長のような感じだったので
二男的には物足りなくなってきたようです。
地域のサッカークラブは連盟にも参加している本格的なチーム。
練習も月曜日、水曜日、土曜日と週3回もあるのです。
しかも小学校のクラスメイト達はほとんど同じ
クラブチームに入っているらしく・・・。

小学生って、なかなかクラスやクラブの違いに敏感です。
同じクラブチームの同士だと仲良く遊べても、チームが違ったりすると
学校の方でもなかなかうまくいかないこともあるのです。
初めは二男が入りたい気持ちにきづかないふりをしてきました。
というのもこういった地域のクラブチームは親が大変なんです。
当番制でお茶くみがあったり、土日ごとの大会の引率に車を出したり、
連絡用のチラシをクラブチームのメンバーの家に配って回ったりなど。
知り合いのママが本当に大変だとため息をついていたのを
知っているのでできれば入りたくないな、と思っていたのです。

受付も女性でなんだか安心

でも二男の熱意に負けました。
どうしても入りたいというのでクラブチームを掛け持ちすることに。
月・火・水・土曜日に、試合があれば日曜日もサッカー三昧の日々が
始まります。

もう一つ困ったことが。
このように活発なクラブチームはユニフォームの購入が必須なのです。
しかも小学生だというのに、ホーム用のカラフルなもの、
アウェイ用の白いものと2種類もあります!
入会と同時にもうしこまないと、次の大会に間に合わないと
言われてしまいました。
でも、今月は法事などがあって予想外の出費がかさんだので
家計は大ピンチです。
どうしてもユニフォームを着て大会に出たいという二男。
もし夫に頼んだら、そんなサッカーなんて無理してやることない!と
一蹴されてしまうでしょう。
息子の悲しむ顔が目に浮かびます。

ここは腹を決めて消費者金融のお世話になることにしました。
若いころは消費者金融を利用していたのですが主婦になってからは
初めてです。
あまりに久しぶりなので不安でしたが、
キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイトを調べてみると、
女性専用のコールセンターというのがあるということで利用してみました。
受付も女性でなんだか安心しました。
主婦でもパートなどをしていると一定の収入があるとみなされて
借り入れができることに!

やっぱり困った時のキャッシングです。
来月のパート収入を当てて返済することにして、
無事、二男のユニフォームを注文できました。
早くそのユニフォームを着て試合しているところを応援しに行きたいです。