視力検査

すぐにメガネというわけではナイ

学校に行っている子供は大体4月のうちに学校で健康診断を受けてきます。
どんなものかというと、身長体重、それに一年生は心電図、歯科検診、
聴力検査に視力検査です。

我が家の長女はこの視力検査が鬼門です。
去年も再検査の紙をもらってきました。
再検査というのは自分で眼科に行って視力を測ってきてください
というものです。
学校の視力検査はとても大雑把で「A」判定以外は再検査になるので
たとえ再検査になったからと言ってすぐにメガネというわけではありません。
でも、視力が落ちてくる可能性がありますので要注意ですよ、と
経過を見守るということがほとんどのようです。

我が家の長女も去年おととしはそういった感じでした。
すぐにメガネをかける必要はないですが、見えにくくなっています、
ということ。

我が家はまだゲーム禁止。
他の家のように携帯用のゲームも、テレビゲームも買ってあげてません。
それなのにだんだん視力は落ちてしまているのです。
私が連れて行った眼科では目薬による視力アップを勧めていました。
目が悪くなるのは目の筋肉が弱いからでこれをきちんと収縮させてやれば
仮性近視はよくなるというのです。
この収縮を目薬でやるというのです。
私は自分が目がいいものですから、
メガネがとても大変だという意識があります。
できるだけ娘にはメガネをかける時期を遅らせてやりたい・・・
と思っています。

でも目薬の力で筋肉を縮小させるのはちょっと・・・
と思い別の方法を考えてみました。
ネットで調べていると、視力トレーニングのセンターの広告見つけました。
残念ながらセンターは遠くて通えないのですが
そのセンターが出している家庭用の視力トレーニングのキットに
惹かれました。
楽しく遊びながら目のトレーニングをして目の筋力を
アップしていこうというものです。

娘も頑張ってトレーニングできる

内容はCDが入っていてこの音声に合わせてキットのプログラムを
リズミカルにやっていくというもの。
できるだけ毎日やってくださいとのこと。
これならわが娘も頑張ってトレーニングできるのではないかと思いました。
ところが値段が・・・約3万円です!
かなり高価です。
本当に効果が出てメガネの時期が送らせるのならいいのですが。
考えてみれば娘だけでなくほかの子供にも使えるし
ものは試して一つ買ってみるか、と
迷った末に思い切って買うことにしました。

3万円痛いですが、健康には代えられません。
日本人はほとんどの人がメガネかコンタクトレンズだと言います。
娘もいつかはメガネをかけることになるのでしょう。
でもできるだけ小さいうちはメガネの煩わしさを感じずに
学校に行ってほしいなと思います。

何でも視力というのは体調にも大きくかかわってくるそうです。
体調がすぐれないと視力も下がって、疲れが取れると目もよくなる。
できるだけ体調管理させてあげていきたいです。
あと、ブルーベリーの木も育てることに。
目にいい成分、たくさん食べさせてあげたいです。
目は大事ですから。