「指紋認証のカギ」は空き巣対策に効果的

今住んでいる場所は都内で見ても治安はいい方なのですが、
ごく稀に「空き巣に入られた」という人の話を
近所で耳にしたりします。自宅の防犯対策も
そこまで強固なものではないので、こういう
銀行のATMでも使われてる指紋認証式のカギが欲しくなります。

家のドアも開け閉めする度にカギを出し入れするのも
地味に面倒ですし、家に帰ってきたら指を触れるだけで
ロックが解除されるのは、実際すごく楽だと思います。
容易に複製もできないでしょうし、セキュリティ対策としては
バッチリと感じます。

ただ泥棒も泥棒で、入り口以外の窓から侵入してきたりします。
なので、窓ガラスを強化ガラスに代えたり、二重ロックを
併設したり、完全に防ぐにはもう一工夫いりそうですね。
そこまで最高の対策してるのに空き巣の被害を受けたら、
そこはもう運が悪かったと嘆くほかありません。

話を戻して、指紋認証のカギでも、
洋画だと薄いゴム手袋やハイテクっぽい機械を使って易々と
突破されたりしてます。とはいえ、あんな感じに用意周到の
ドロボウもルパンくらいしか居ないでしょうし、
カギの閉め忘れさえしなければ、空き巣被害を
高い確率で防ぐことができそうですね。

ちなみにこの指紋認証はどちらかと言えば
セキュリティとしてのカギという側面よりも、どうやら
一般企業が用いる勤怠管理システムに利用されてることが
多いみたいです。指をかざすだけで、出勤時間や退勤時間、
休暇日まですべて管理できると聞くので、まだ仕事してる時に
職場に導入されてたら、とても便利だったろうなぁと感じます。